GO茶

しでしでライトニング

ポケモンランクマッチ S13 最終483位 シングル

f:id:SidesideLightning:20210104194452j:image

 

冠の雪原がきっかけでSNぶりに復帰しました。

 

 

最終483位 最終レート1940    PN ヒロインX

 

年末は潜れなかったので若干後悔中です。

 

f:id:SidesideLightning:20210102044919j:image

 

f:id:SidesideLightning:20210104204735p:image

 

[構築経緯]

育成個体を増やしながらS12構築記事を読み漁り、色々と使ってみて通りが良いポケモンをピックアップしていました。

最終的にサンダー+ドリュウズを中心に並びを作るのが強いと思ったので、最低限補完していきながら完成。

 

f:id:SidesideLightning:20210102045241j:image

 

[雑に個体紹介]

 

f:id:SidesideLightning:20210104195507j:image

 

・腕白カバルドン@さらさらいわ 

H248 B132 D128

すなおこし

技構成 がんせきふうじ ステルスロック あくび ふきとばし

 

カバナットサンダーウツロ共有パの珠サンダー暴風等を耐える調整を参考にさせて貰いました。

カバドリの並びに見せかけて裏の選出をすることが多く、レヒレやウオノラゴンで溢れ返っていたので選出率は下の方でした。

ですが、選出画面でのカバドリの圧力や、ドリュウズ以外でダイマックスを切った時の砂展開で活躍してくれました。

選出率 5位

 

f:id:SidesideLightning:20210104195522j:image

 

・意地ドリュウズ@命の珠 

H12 A252 B52 D20 S172 

すなかき

技構成 ロックブラスト じしん アイアンヘッド 剣の舞

 

最強でした。

初手サンダーからのボルチェンで動かしてサイクル中に剣舞を積めたら、HBカバルドンも飛ぶ火力で止まりませんでした。

サンダーやテッカグヤダイマックスを切った場合もダイロックからの繋ぎで活躍していました。

Sは+1上昇アーゴヨン抜き(調整はどこかで見た記事のパクりです)

選出率 3位

 

f:id:SidesideLightning:20210104195645j:image

 

・臆病サンダー@こだわり眼鏡 CSぶっぱ

せいでんき

技構成 ボルトチェンジ 暴風 原始の力 熱風

 

採用し特枠。

ミラーやミミッキュ、ウーラオスに上を取られたくないので最速。

原始の力はミラー、霊獣ボルトロスヒートロトム相手にダイロックで打ったり、そのまま後ろのドリュウズに繋げたりもします。

初手性能が高く迷ったらサンダーで楽に試合を進められました。

 

選出率 1位

 

f:id:SidesideLightning:20210104195711j:image

 

・陽気ウオノラゴン@こだわりスカーフ ASぶっぱ

がんじょうあご

技構成 エラがみ 逆鱗 ギガインパクト 寝言

 

カバドリ+サンダーウオノの並びで選出圧をかけたり最後の掃除役として採用。

ただこのポケモンは流行りすぎてかなりメタられてるので中々出せなかった(出したく無かった)試合も多かったです。

ギガインパクトはダイジェで上をとってこようとする相手にダイウォール→ダイアタック→ダイウォールでうちます。

相手のウオノラゴンに対して受け出せるのは自分のウオノラゴンしかいなかったので、見たらなるべく選出していました。

 

選出率 6位

 

f:id:SidesideLightning:20210104200427p:image

 

・控えめテッカグヤ@パワフルハーブ 

H132 C104 D20 S252

D>B

ビーストブースト

技構成 エアスラッシュ メテオビーム ラスターカノン 火炎放射

 

対面性能とダイマックス相性が良く、サンダーのボルチェンで有利対面に出してからメテオビームで試合を荒らせることも多かったです。

初手性能も高く、刺さる相手には3タテもしてくれました。

やどみが型と比べると柔らかいので、受け出しと死に出しの見極めは慎重にやっていました。

 

選出率 4位

 

f:id:SidesideLightning:20210104195759j:image

 

・意地エースバーン@突撃チョッキ 

H28 A188 B4 D36 S252

リベロ

技構成 火炎ボール 跳び膝蹴り ふいうち ダストシュート

 

裏の主人公。

珠サンダー暴風を耐えるのでダイマ切れば打ち勝てました。

呼ぶスカーフレヒレにも耐えてダストシュートで切り返せたり、他にもチョッキが生きるシーンが多くこの持ち物で良かったです。

火力が欲しかったので意地。(小並感)

 

選出率 2位

 

 

[キツかったポケモン

・水ロトム 

オムスター

スイクン

・トリル展開

・その他諸々

 

終盤は運も調子も良く、それでも負けた試合を思い出していくと、レヒレ以外の水にやられっぱなしでした。

補完でナットレイ等の草も入れておらず直感で動かしてたので、自分でも完成度は高くないと思っています。

ですが、構築の穴が分かりやすかった為、対面の選出も分かりやすかったのは良かったと思います。

あとはウオノラゴン→ナットレイに変えたり、テッカグヤに草技を入れるのもありかと思いました。

 

 

ポケモン復帰に伴いS12は駆け足で育成を進めていてまともに対戦ができなかったので、 S13はとても楽しかったです。

また、色々使いたいポケモンも出てきたので育成と対戦同時進行でまたランクマもやれたらな、と思います。